道徳シネマ・アクティブ・ラーニング

道徳シネマ・アクティブ・ラーニング

道徳教育の重要性が改めて見直され、今後道徳教育が教育現場に益々普及していく流れとなりました。従来ですと、本を使った道徳教育が多かったと思いますが、ICTの発達により、動画がより身近になった昨今、映画を用いた道徳教育を普及させていきたいという発想を近年掲げて参りました。

皆さんは、劇場でご覧になられる映画で感動した作品が必ずあるかと思います。映画には、「物語性」「俳優の演技」「カメラワーク」「音楽」など、様々な感覚をくすぶって感動を記憶に残させる要素がふんだんに備わっております。心理学者のメラビアンは、人の記憶に影響を与える要素として、「視覚」「聴覚」「言語」のうち、視覚や聴覚が占める割合は90%以上という研究を発表しております。このことは、映画が皆さんの中に強く印象に残り、感動を大きく与えるきっかけになっているということができると思っております。
映画監督の古新舜は、映画制作の現場を通じて、感動の奥深さを体感し、数々の映画祭で評価を受けてきました。長年、大手予備校で講師として教壇に立ち、現在の教育現場に足りないものは、「感動」であることを訴え続け、
「授業により感動を!」をモットーに全国各地でワークショップや講演会を行っております。

道徳教育として、この映画の感動と、アクティブ・ラーニングの体感と、古新舜の講演会の振り返りを三つ掛け合わせることで心に残る、主体性のある道徳教育をお届けしたいという狙いがあります。

孔子が唱える右の言葉は、アクティブ・ラーニングの原点の発想と考えております。「聞いただけではすぐ忘れる。見ただけでは記憶するだけ。やってみて初めて理解ができる」その瞬間に聞いたことというのは、海馬に届けられ、数秒で不要なものは消し去られてしまいます。大切なことは、自分で体感してみて、感覚として捉えることで、喜びや難しさを感じ取り、自分ごととして長期記憶に残していくことだと考えております。

最終的には映画鑑賞、アクティブ・ラーニング、講演会を「共感」「共鳴」「共有」と紐付け、主体的・協働的に社会に対して貢献ができる人材に発展してもらいたいという想いを込めております。

映画「ノー・ヴォイス」鑑賞

映画「ノー・ヴォイス」鑑賞

当社映画「ノー・ヴォイス」では、犬猫の殺処分問題を危惧し、犬猫の命のあり方を子供たちにも分かる形で劇場公開作品として、物語を生み出しました。
年間10万頭ほどの犬猫が殺処分を受ける中、どうしてこの問題が起こるのか、人間と犬猫との共生のあり方はどのようにしていけばいいのか、犬や猫の違いってなだろう、など、犬猫を飼う前にしっておいてもらいたいことを物語にしたためました。

ペットショップ以外にも犬猫を預かれる場所が全国にたくさんあること、犬と猫と一生に暮らすことで人間にどんなことが起こるのかを知ってもらい、様々な選択肢が存在することを感じ取ってもらいたいと思います。

アクティブ・ラーニング授業

アクティブ・ラーニング授業

映画鑑賞後に印象に残っているストーリーをもとにしながら、学生たちにペアワーク、グループワークで、ディベート・ロールプレイ・プレゼンテーションなどを行っていただきます。価値観の相違をいかに理解していくか、相手に対してどのようにプレゼンしていくかを体感してもらいながら、「論理力」「想像力」「交渉力」を自発的に習得していただきます。

古新舜・講演会

古新舜・講演会

いじめと引きこもりから映画監督となり、震災以降被災地のボランティアをしながら、感じた命の大切さ。逆境を乗り越えて、自分らしく生きていき、人生を進んでいくには、
どのようなことが必要なのか。感謝、愛、笑顔、ペイフォワードの考え方を体験談に基づきながら分かりやすく、情感を持って伝えていきます。

本講座は、学生さんはもとより、親御さんにも高いご評価を頂いている内容です。当たり前や先入観を取り払い、自分と社会との関わり方を振り返るかけがえのない体験となります。
物質社会、情報化社会の現代、自分が幸せになっていくことには、何が大切なのかを心の内っ側から体感していただきたいと思います。
空間が映画館になり、ご自身が映画の登場人物になる非日常的な感覚とこの上ない感動をお届けしたいと思います。






費用(税別+都内からの交通費)

※講師・古新舜の人件費+映画上映費+アシスタントの人件費になります

学校
クラス半分[5〜15名程度]:1日10万円、1クラス分[20〜40名程度]:1日15万円、1学年[100名程度]:1日30万円、全校生徒:1日50万円
企業・自治体
小規模[15名未満]:1日15万円、中規模[15〜30名未満]:1日30万円、中規模[30名〜50名未満]:1日45万円、大規模[50〜100名程度]:1日60万円

費用(詳細)

費用につきましては、開催趣旨、会場規模などの状況に応じて、
内容や費用を調整しますので、まずはご相談下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP